転売はチーム戦。価格競争は怖くない!

秘書マリコです。

値崩れが起こる理由

人はせっかちで、順番に売れていくと言うのが待つことはなかなか出来ません。

誰もが1円でも高く、一番に早く売ってしまいたい。

そう思っているはずです。

しかし、ひょんなことからライバルが激増し、

我先にと、たったひとつしかないAmazonのカートを取る為に値下げ合戦が始まり、

あっという間に値崩れが起こります。

その他にもキャッシュが回らなくなった、

ただ単純にカートを取りたい、

今の価格でどうしても売り切りたい。

など、人の心理が働いて日々の価格競争が働いております。

一度、値下がりが始まると、価格競争は激しく加速していきます。

赤字になってでも、我先にと値崩れは留まる事を知らず、

どんどん急降下していきます。

せっかく利益のある商品を見つけたにも関わらず

このような結果になってしまったら、またリピートしよう!という気にはなれないですよね。

値崩れが始まるきっかけ

ちょっとしたことから値下げ交渉は始まります。

情報配信者が商品の情報をシェアした。

TVで取り上げられた。

注目の新商品。

シリーズモノで毎回人気の商品。

他の人が価格調整のツールの導入。

価格競争が起こるきっかけはいろいろあります。

この価格競争が始まったた瞬間、どうするかをすばやく判断する、

ここが肝心だと、私は思います。

上のモノレートは値崩れわかりやすく出ているのもになります。

TV放送をきっかけに、価格は急上昇しますが、一気に出品者も増え、

増えた分、価格の下落は一瞬です。

その後は、売れていくと共に価格は少しずつ上昇し一定のラインまで戻っていきますが、世間の需要が薄れたのか、最高潮だった価格に戻ることはありませんでした。

今回のように価格変動になるきっかけはTVでしたが、

いろんな事が引き金になります。

自分がいつ、どのタイミングで売るのか、非常に大切になってきますよね。

価格競争の果に

一度始まった価格競争はいずれ、どんな形であれ落ち着きます。

この時に、また改めてプレ値に戻るのか、そうではないのか、

その商品の希少価値によりますよね。

販売元が沢山商品を製造したら、定価、もしくはそれ以下の販売価格になりそうですが、数量限定、コラボ商品、地域限定商品等はプレ値になりそうですよね。

そういう視点から、またリピート可能な商品なのか判断すベきだと思います。

その際に、セラーセントラルの在庫管理のココを見ましょう!!

カートBOXの価格を表示させる設定にすると便利です💡

画面右端に以下の表示があると思います。

この表示を開くと、以下の画面が出てくるので、カートボックス価格にレ点を入れるとカート価格の表示されるようになります。

 

この表示が出て来ると、今のAmazonのカート価格は一発でみれるようになるので、非常に便利です。

リピートで仕入れる際には、しっかりモノレートの再確認をしましょうね!!

まとめ

Amazon転売は出品者が独自に価格を決める事ができるので、

定価以下の販売だったり、定価を越えた超プレ値になってる商品、様々なものがあります。

数多くの商品を扱っていくと、必ず値崩れに巻き込まれる商品は出てきます。

しかし、転売は1個の商品だけではなく、

あなたが1ヶ月の間に扱った商品すべてにおいての累計、つまり1ヶ月の売上に対しての、利益率が良ければ、結果オーライなんです。

1つの商品の利益はとても大事ですが、

転売はチーム戦だ!ということを頭に入れて、

損切りになりそうなら、さっさと見切りを付けて売る。

出品者が激減するまで待つ。

ご自身の資金の関係もありますので、しっかり見極めて行きましょう!!

 

LINE@登録お願いいたします♡

Add friend

YouTubeもやってます(・∀・)♡

マリコYouTubeはこちら* 👈

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です